生きるためにはミトコンドリアが重要

当サイトにお越しありがとうございます。
ミトコンドリアについて興味があって調べてみました。

中学生のときに、ミトコンドリアについてさらっと勉強しただけであまり詳しくは習いませんでした。

でも、大学生になって生物学を学ぶと非常に重要なのがミトコンドリアという事を知りました。
ミトコンドリアは、エネルギー生成をするのでこれがかなり重要だという話でした。

その教授は、ほとんどの病気がミトコンドリアと関係しているというお話を聞いてから凄い興味をわくようになりました。

最近、ミトコンドリアが世界一受けたい授業でも紹介されていたので、それをきっかけにミトコンドリアについての情報をまとめて紹介しようと思って当サイトを立ち上げました。

(1)ミトコンドリアって何?

まず、ミトコンドリアって何?というお話ですよね。
中学校のときに、ミトコンドリアについて習いましたけど、いまいち分かりませんでしたよね。
ミトコンドリアの働きをめちゃくちゃ簡単に言うと、体内に酸素を取り入れてそれを使ってエネルギーを作ります。

つまり、私達が生きるために必要なエネルギーを作っているんです。

ミトコンドリアがないと私達は生きていく事ができないといっても過言ではないわけです。
中学校のときは、ミトコンドリアをさらっと習ったけど重要な役割が有るんですね。

(2)ミトコンドリアとエネルギーの関係とは?

まず、ミトコンドリアがどうやってエネルギーを作っているかというと、食事を取る事で栄養がとれるので、その栄養素と呼吸で得た酸素を反応させてエネルギーを生成しています。
エネルギーの生成は、以外にもかなり簡単に作っているし結構分かりやすいんですよね。

でも、ミトコンドリアにはエネルギーを作る上で欠点があります。
ミトコンドリアは、いつでもエネルギーを作り続けるわけではありません。

そして、ミトコンドリアは、必要なエネルギーしか作らないので最低限の量しか持つ事ができないんです。

つまり、子供のときは外で遊んだり落ち着きがないのでよく動くし代謝もいいのでエネルギーをよく使います。

しかし、大人になるにつれて体を動かさない人が多く仕事でもデスクワークが中心になったり、運動不足になっている人は、エネルギーを必要とする量が少ないです。

どんどんミトコンドリアの数が減ってしまうんです。

その結果、体が疲れやすくなったり、弱くなってしまったり、老化や病気にもかかりやすくなってしまいます。

(3)ミトコンドリアは余計な物も排出する

ミトコンドリアは、生活するためのエネルギーを作ってくる大変ありがたい物質ですが、実は余計な物も排出してしまうんです。

それは、活性酸素という物質です。
活性酸素というのを知っていますか?

最近は、水素水の登場もあって活性酸素というのが知られるようになりました。
活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があります。

善玉活性酸素は、免疫力の上昇などの役割があり体に必要な物質です。
しかし、悪玉活性酸素は酸化力が強く細胞やDNA、美容成分であるコラーゲンやエラスチンを破壊する事が分かっています。

話が戻りますが、ミトコンドリアがエネルギーを生成するときに一緒に活性酸素を排出します。
活性酸素の9割以上がミトコンドリアがエネルギーを生成するときに副産物として一緒に出てきます。

質の良いミトコンドリアを持っているなら効率的にエネルギーを作っているので、ミトコンドリアに負担がかからないので悪玉活性酸素が少ないのですが、質が悪く量も少ないと一つ一つのミトコンドリアの負担が大きすぎて悪玉活性酸素の割合が多くなってしまうんです。

ミトコンドリアの質をよくして量を多くする事がとても重要なんです。

(4)ミトコンドリアを改善する事は出来る

今、もしかしたら自分はミトコンドリアの質が悪いのではないかと不安になっていると思います。

疲れが残りやすかったり、体がいつもだるい、寝ても疲れがとれないという事であればミトコンドリアの質が悪い可能性があります。

このミトコンドリアを改善するためには、運動をするのが一番です。
理由は、普段からエネルギーを使っているという事を体に働きかける事でミトコンドリアが足りないと感じさせるのがいいんです。

お勧めの運動は、有酸素運動です。
毎日、30分間のジョギングでも十分に結果が出ると思います。

疲れているのに運動なんてと思うかもしれませんが、運動をする事でスッキリしたりストレスが解消、ミトコンドリアが増えます。

年齢に関係なくミトコンドリアが増やせるのも大切です。

(5)ミトコンドリアを増やす運動以外の方法

ミトコンドリアは普段からエネルギーを使わせる事を意識する事が大切ですが、運動以外にもあります。

姿勢を良くする事や寒さを感じるようにする。
姿勢をただすだけでもかなりのエネルギーを使う必要があります。

寒さを感じる事で、体が温めようとするのでエネルギーが必要です。

空腹を感じる事も大切で、断食をしたら元気になったとか粗食や少食が長生きするといわれています。

逆に、大食いや早食いをすると老化を進める結果になってしまうので今癖でやっている人はすぐにやめた方がいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>